日本の苛烈な反応が『北朝鮮の思惑を破綻させてしまう』とパヨクが発狂。北朝鮮は絶対に日本を攻撃しない




米国のトランプ政権の動きは読めないところが

あるが、だからこそ、日本も対話を呼びかけて

いくべきなのだろう。

〇パニック状態の日本が落ち着くことが必要

田巻氏は

「北朝鮮のみならず、米韓、そして日本も

変わっていく必要があります」と言う。

「米国の“核の傘”によって、北朝鮮の核の脅威から

守ってもらおうという発想を、日本も変えて

いかなくてはなりません。容易なことでは

ないかも知れませんが、本気で核廃絶へ

取り組むかの、日本の信念にかかっている

ことだと思います」(田巻氏)。

この間の日本の政治やメディアのパニックと

すら言える騒ぎぶりを見ていると、日本が

米朝交渉の足を引っ張ることになりかねない。

いかに東アジアの核危機を解決するかの

ビジョンや具体策もないまま騒ぎ立てることは、

無様であるだけでなく、無責任だ。

田巻氏も

「北朝鮮の方から日本に攻撃をしかけることは、

まず無い。体制の維持という目的のため

何の得にもならないからです」と言う。

本当に北朝鮮の核を何とかしたいのであれば、

冷静さとリアリズムに基づいた言動が、

日本の政治家やメディア関係者にも求められるのだ。

次ページに続きます。