空手経験者の暴君Aと温厚なオジサンのBが勝負する事に→A「ショボイおっさんが、俺に口答えするのは生意気だ!」B「ふ~ん」→衝撃の結果




・空手部に友達いるから、そいつに話して

 空手部が普段使ってる武道場

 (というか体育館だけど)を借りて試合する

・空手部に立ち会い頼むけ掴んでも投げてもOK。

 Aは寸止めもしなくていいよ。

 俺も寸止めしないよ。痛くても文句言うなよ

・あくまで試合という形式なのでAが多少の打撲や

   擦り傷つけても知らん。

 傷害事件とかほざくなよ。でもAがもし骨折なんか

 したら治療費は払う。俺が怪我しても金はいらん

・俺が負けたら財布の金持ってけ。寿司でも食うといい

・Aが負けたら皆に謝罪して腕立て30回

ほとんど喧嘩みたいなもんだと思うけど、

こんな感じに決まってその日のうちに

試合することになった。

手際が良すぎて何が何だかわかんなかった

あと腕立て30回ってゆるすぎじゃねって思った

そんで試合は危ないから止しましょうよ!って

当然真っ青になって止めたんだけど、

Bさんはあいつは許せんって聞かなかった

次ページに続きます。