米報道官が『北朝鮮との”対話打ち切り”を示唆する』末期的事態に突入。中露を名指しで非難した模様




北朝鮮による6回目の核実験を受け、

米ホワイトハウスのサンダース報道官は

5日の記者会見で

「全ての選択肢がテーブルの上にある」

とした上で

「北朝鮮との対話に焦点を当てて多くの

 時間を費やす時ではない」

と述べた。 

次ページに続きます。