【G20】プーチン氏、いきなり安倍晋三首相に謝罪も…続く神経戦、北方領土経済活動「着実」ほど遠く 首脳会談








 

7日の安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領による18回目の首脳会談は、

意表を突く言葉で始まった。

米露会談長引き“遅刻”

「まず最初におわびしたいと思っています」

プーチン氏は首相に対しこう述べ、予定より1時間半ほど遅れて姿を現したことを

「許してほしい」と語った。

会談が遅れた理由は直前の米露首脳会談が長引いたためだが、

プーチン氏の遅刻癖は世界中に知られている。

何度もプーチン氏との会談に同席している外務省幹部は

「遅刻をわびるなんて初めてじゃないか」と驚いた。

両首脳は北方領土における共同経済活動など、これまでの合意事項が

「着実に実現していることを歓迎」した。

共同経済活動に関する第2回の外務次官級協議を8月下旬に開くことで合意したほか、

延期となっていた元島民による空路での墓参も9月実現を目指すことを確認した。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★