フジテレビの決算が『遂に赤字に転落して』賞与ゼロ事態に突入。社内の士気はダダ下がりな模様




視聴率悪化に歯止めがかからないフジテレビが、

いよいよシャレにならない領域にまで達して

いるらしい。

今月4日に行われた10月クールの番組改編

発表会見では、編成部長が“非常事態”を宣言。

今後はオール局アナ体制で巻き返しをはかる

という。 

主なところでは、モデルの市川紗椰が

キャスターを務める「ユアタイム」の後継

番組として、椿原慶子アナ(31)らが

MCを務める新番組がスタート。

さらに、「とくダネ!」では菊川怜(39)に

代わって、新人の海老原優香アナ(23)が

MCを担当する。

どうやら、今後の報道や情報番組は、本当に

フジのアナウンサーだらけになるようだ。


「『オール局アナ体制』と言っていますが、

要はタレントやフリーアナを雇うだけの予

算がないということ。

自局のアナなら費用もかさみませんから、

安上がりで済む。

実は今年4~9月期決算で赤字になることが

ほぼ確定したんです。

そのため、冬のボーナスをゼロにする話が

浮上していて、社内は騒然となっています。

ただし、上層部はコストカットの意識は

あまりないようで、宮内正喜新社長は

社長車を新たな高級車に替えたりしている。

これで士気が上がるわけがない」

(フジテレビ社員)

次ページに続きます。