北朝鮮への制裁決議で『朝鮮総連が息の根を止められる』破滅的な状況に。不透明の資金の流れが断絶する








 

北朝鮮の独裁者、金正恩(キム・ジョンウン)

朝鮮労働党委員長を、国際社会が

追い詰めつつある。

「6回目の核実験」強行などを受け、

米国主導で国連安全保障理事会が11日、

「最強制裁決議案」の採決を目指しているのだ。

体制の存立に関わる「石油禁輸」を軸に、

「正恩氏の個人資産凍結・渡航禁止」まで

盛り込まれている。

採決をめぐり、米朝間のつばぜり合いが

活発化するなか、専門家は、日本独自で

実施可能な制裁として、

「朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の

 破産申し立て」

を提案する。 

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★