【緊急速報】東芝が倒産の危機!!! アメリカと韓国の食い物にされるぞ!!! 日本の技術が韓国に流れる最悪の展開に!!!?








 

東芝は、13日の臨時取締役会での売却先決定を目指し、WDと集中的に協議してきたが、将来、WDがどの程度の議決権を取得するかや、メモリー供給の割合などで両社の溝が埋まらなかった。

このため東芝はWDと協議を続行しても合意は得られないと判断し、交渉先をベインやSKハイニックスで作る「日米韓連合」に切り替え、来週の正式契約を目指す。

「日米韓連合」は9月に入って、将来の設備投資も含めて総額2兆4000億円の資金拠出する計画を新たに提案した。

このスキームでは、メモリー事業の重要顧客である米アップルも資金を出す。将来、WDとの係争が解決した場合は、産業革新機構と日本政策投資銀行による出資が可能になり、アップルなどから株式を移転する計画だという。

東芝は8月末までに売却先を決めるように主力行から要請されているが、すでに決定を2回先送りしている。東芝の綱川智社長が12日、三井住友銀行など主力取引行を回って選定状況を説明し、さらに1週間の猶予を求めたもようだ。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★