韓国人にとってのロサンゼルス暴動の教訓 : マスコミが言えない韓国




新しい経営者は気難しく、客への侮りを隠そうとも

しなかった。

そんなある日、彼らの経営する雑貨店で黒人少女が

小物を万引きした。

店番をしていた経営者の女性が銃を持ち掛し、

黒人少女を背中から撃った。

少女は即死した。

彼らに不快感を募らせていた住民は激怒して店を囲んだ。

ロス市警が出動して間に入っだが、それがかえって感情

をくすぶらぜ内在化さぜる結果になった。

のちに「あの店をやらせておけば」という声が当局者の

間で何度かささやかれることになる。

そしてこのときサウスセントラルの外側でまったく別の

事件が起きていた。

例のロドニー・キング事件、白人警官4人が黒人を

袋叩きにしたあの事件の裁判で警官を無罪とする評決が

出された。

評決は黒人蔑視と受け取られた。

沸騰した怒りはサウスセントラルの一画ノルマンディ大通り

の交差点で白人の乗ったトラックを襲うという形で爆発した。

九二年のロサンゼルス暴動の始まりだった。

次ページに続きます。