韓国人にとってのロサンゼルス暴動の教訓 : マスコミが言えない韓国




黒人暴徒は付近の商店街を襲い火を放ち、あるいは

商品を掠奪していった。

騒ぎは西のウェスタン通りに拡大した。

無秩序に拡大するように見えた暴動には、実は明らかな

標的があった。

掠奪と焼き討ちは韓国人街とその商店に集中した。

韓国人たちもそれに応じて武装し黒人と見かければ容紋なく

銃を発射した。

ロス暴動の死者は四日間で五十余人に達した。

火の手がロデオドライブに広がる危険が出たころ、

暴動ば績圧された。

韓国人街は市警が暴動鎮圧に消極的だったと厳しく非難した。

無事の我々が犠牲を強いられた責任は市当局にある、と。

韓国人はすぐ感情をむき出しにし、他人の貴任を追及する。

扱いにくい人たちだと市民は感じた。

イラク問題でフランスが米国への協力を拒杏したとき、

米市民ば怒った。

第二次大戦中のフランスばドイツ占領下でのんびり過ごした。

そのドイツをやっつけるために、一万六千人もの米兵が

オマハビーチなどで死んだ。

その恩も忘れたのか、と。

次ページに続きます。