修羅場な話 父親と歩いてたら、男に「鈴木だろ?」と人違いされた。否定したら男は去ったが、父の顔色が青ざめて…!俺「どしたの?」父『さっきの人を探そう…』




仮に俺の名前を山田太郎としよう。

数年前の話、父親とジャスコで

買い物して映画をみようとしてたら

「鈴木大輔?」

って知らない人に声をかけられた。

「ちがいます」

「いや、誰がどうみても鈴木だろ。

俺だよ、高校で2個上だった田中だよ」

「ちがいます、人違いです。私は山田です」

って説明したら、

「人違いでしたすいません」

って謝って離れて行った。

そのまま、映画館に入ったが、なんか

この時からうちの親父の様子がおかしかった。

コーラとコーヒーを間違えたり、

劇場の番号間違えたり、

映画おわっても、感想聞いても

全く答えられなかったし、

とにかく変だった。

で、どっかで食事しようと思ったら突然、

「さっき、お前を鈴木大輔って

呼んできた人を捜そう」

と言い出した。

何がなんだかわからんかった…

次ページに続きます。