陸自対戦車部隊の最新装備「中距離多目的誘導弾」…命中見届ける前に現場から離脱が可能!








 

発射前に、発射基上にあるレーダーと

赤外線カメラが一体となった捜索評定

装置を展開する。

そして、発射基に仰角を付けて、

敵側に向け、発射ボタンを押す。

発射後は、誘導弾自身が赤外線画像で

敵を捉え、セミアクティブレーザー

ホーミング方式で、自分で誘導しながら

飛んでいく。

そのため、射手は、最初に目標を指示

さえしていれば、最後まで誘導する

必要がない。

これを陸自では、

「撃ちっぱなしが可能」

という表現をする。

発射すると、音と閃光(せんこう)が

どうしても発生するため、敵は、

すぐに撃ち返してくる。誘導する

必要がないということは、射手は、

命中するのを見届ける必要なく、

そのまま現場から退避することが

できる。

自衛隊員の生存性を高めた。

着上陸をもくろむ敵艦艇なども

攻撃できるため、島嶼(とうしょ)

防衛にも期待されている。

こうしたことから、最初に第4師団

(福岡)の対馬警備隊や第8師団

(熊本)の第43普通科連隊、

第15旅団(沖縄)の第15普通科

連隊などに実戦配備された。

その後、即応機動展開能力を高めた

第2師団や第12旅団の普通科連隊も

配備されていった。

引用元:http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170818/soc1708180004-n2.html

2 :Ψ:2017/08/19(土) 08:20:39.23 ID:L0HjeCFY.net

一斉に大量発射出来ればマクロスっぽいミサイルシーンが可能なのかな?

3 :墓石老人:2017/08/19(土) 08:23:21.33 ID:vSiWABrd.net

>・・「中多」は1つの車両ですべてまかなえる
なかなか頼もしいじゃないか

4 :mn:2017/08/19(土) 09:09:09.20 ID:3w3Ydw9g.net

チュー太

5 :Ψ:2017/08/19(土) 12:13:54.53 ID:WTcaeVxP.net

なんか、アメリカに30年ぐらい遅れてるのか

6 :天猛星ダラマンティス ◆DARAMAN/jg :2017/08/19(土) 16:31:55.15 ID:wwRJqVD+.net

グリーンランド辺りに
試しに打ってみればいいんじゃないかな。
実際に打って見ないと
理論上じゃぁね

7 :Ψ:2017/08/19(土) 23:26:33.08 ID:Oe6Ovmd0.net

どんま~い、どんまいちゅーきち



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★