韓国のバス慰安婦像が『想像を超える末路』を迎えて日本側茫然自失。これ逆効果だろ?




韓国ソウルにある日本大使館の近くを

通る路線バスを運行するバス会社は、

先月30日までおよそ50日間にわたって

強化プラスチックで作られた慰安婦問題を

象徴する少女像を5台のバスに設置して

運行し、初日にはソウル市長も乗車しました。 

旧暦のお盆にあわせた連休のさなかの2日、

この少女像がふるさとに帰省するという

パフォーマンスが行われました。

ソウルの日本大使館前に市民団体が設置した

少女像の横にバスの座席から取り外された

5体の少女像が並べられ、バス会社が募った

家族が、少女像をそれぞれの乗用車の

助手席に乗せて行きました。 

少女像について、日本政府は、おととしの

日韓合意だけでなく外国の公館を保護する

責任を定めた国際条約にも反するとして

撤去を求めており、路線バスがプラスチックの

像を乗せて運行を始めた際も

「日韓双方が未来志向の関係を発展させよう

 という努力に水をさすことになりかねない」

と懸念を示したうえで、韓国側に適切な対応を

とるよう申し入れています。 

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★