学校の先生は性格がおかしい人が多いと言われるが、自分の母を見ていると真実だと思う。




再度

「お前はどう思うんだ!」

と怒鳴られ、パニックになった私は

「普通は最高だと思う」と

答えてしまい「馬鹿」と言われ、

母に殴られそうになった。

その瞬間、兄が

「今の事を赤の他人に言って聞かせてもいい?」

「最高話を人に言いふらすよ」

と言ってくれたので母に殴られずに済んだ。
母は

「お前たちは世の中の事を分かっていない」

などとブツブツ言いながら部屋を出て行った。
家に父親は居たが、全くの空気だった。
何を言っても相談しても

「母さんの言う通りにしなさい」

「母さんを怒らせたら駄目だよ」

と言うだけだった。

後年、兄は大学を卒業し就職して家を出た。

母が望む超難関大学に行かなかった兄を

母は絶対に許さなかった。

「○○大学に行くのに東京に行くのなら

 まだしも、就職のために東京に行くのは

 許さない」

と母は怒っていた。

給料が出るまでの間、兄がお金に困ると

思った私はお年玉や小遣いを貯めていたのを

兄に渡した。

兄は

「ありがとう」

と言ったけれど、お金を受取らなかった。
それでもと言う私と押し問答になって兄は

「じゃ」と言ってその中から1000円だけ

持って行った。
兄はその千円札を今も持っているらしい。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★