暴漢が、私の服を剥ぎ取り始めた。暴漢「ハァハァ…」私(怖い…声が出ない…)暴漢「あれ?あれれ?」→結果・・・








 

数年前の冬の話。


会社帰り、遅くなっていつもは

通らない道を通りました。


住宅街の中にある、子供用の遊具が

置いてある小さな公園の横の道。

そしたら、いきなりその公園の

木の影から男が出て来て襲われた。

咄嗟のことに声も出ず倒される私。

そのまま足を捕まれて公園の茂みに

引きずり込まれてのし掛かられた…

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★