韓国財務相が『日韓通貨スワップの締結』を一方的に宣言した模様。機会があれば締結すると断言








 

金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼

企画財政部長官は13日(現地時間)、

「韓米自由貿易協定(FTA)は

 両国間で互恵的に作動すると

 いう点で破棄に向かうのは

 望ましくない」

と述べた。


20カ国・地域(G20)財務担当相・

中央銀行総裁会議と2017年国際

通貨基金(IMF)・世界銀行(WB)

年次総会に出席するため米ワシントンを

訪問した金副首相はこの日、現地で

記者懇談会を開いた。 

現実化した韓米FTA改定交渉に

ついて、金副首相は

「破棄という極端な可能性も

 排除することはできない」

としながらも

「両国が交渉を通じて合意点と

 妥結点を見いだすべきだ」

と述べた。


続いて

「商品貿易収支は韓国が黒字を

 出しているが、今年は黒字幅も

 減少し、サービス・資本収支は

 韓国が赤字」

とし

「このような点を利用して米国と

 お互い利益が均衡する方向で

 うまく協議をするというのが

 政府の基本的な考え」

と述べた。 

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★