韓国裁判所が『心の中の発言を根拠に有罪宣告する』末期的情勢に突入。特に証拠はないが裁判官が決めた 韓国の裁判官はエスパーなの?








 

韓国前大統領の朴槿恵(パク・クンヘ)

被告は昨日、裁判所が自らの拘束期間

を延長したことと、この裁判そのものに

対する心境を初めて法廷で直接語った。

朴被告は

「時の政権の影響や世論の圧力を

 はねのけ、憲法と良心に従って判断を

 下すはずという裁判所への信頼は、

 もはや意味がないとの結論に達した」

と述べ、その上で

「自らに対する拘束と裁判は政治報復

  であり、今後の裁判における判断も

  認めない」

との考えを明らかにした。


この発言が行われた直後、弁護団は

裁判長に辞意を申し出た。

ただその一方で朴被告は

「法治の名を借りた政治報復は、私で

 終止符が打たれるよう望む」

「この事件の歴史的責任は私が負う。

 全ての責任を私に問い、私のことで

 法廷に立った元政府関係者や企業

 関係者に寛容(な判決)をお願い

 したい」

などとも訴えた。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★