スポンサーリンク



米英軍が自衛隊を問い詰めた『お前らイラク人に何をしたんだ?』マスコミが決して伝えない自衛隊の真の姿。自衛隊への地元の大量デモ発生に、米英軍は混乱した。

☆海外派兵での世界での信頼っぷり!

イラク・サマーワ基地の自衛隊が

設営したテント群は杭の位置や

紐の角度まで、すべて寸分違わぬ

ように統一されており、端から

見ればロープは全て重なる状態

だった。 


これを見た各国の高級士官は、

さすが日本の軍隊は士気が高い

と絶賛した。 

ちなみに、兵法に

「整然と統率され規律の取れた

 軍隊は士気が高いため攻撃を

 加えてはいけない」

とある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

シリア政府は自衛隊を歓迎した。

アサド大統領は隊長である本松敬史

三等陸佐(当時)を呼び、

「日本の自衛隊は決して事件に

 巻き込まれることはない」

と約束をしてくれた。


大統領は、シリア軍に対して、

その支配下にあったイスラム

原理主義組織ハマスとヒズボラが

日の丸と自衛隊に対して一発でも

銃弾を撃ち込んだら、全面攻撃を

加える旨の命令を出していた。

~~~~~~~~~~~~~~~~

自衛隊が撤退する間際、

サマワ市で現地住民による

大規模なデモが起こりました。

一体何事かと自衛隊で内容を

調べたところ、なんでも

「自衛隊よ、今までありがとう」

と感謝するデモだったそうで、

これを受け基地では緊急に

アイスクリームなどを準備して

デモでやってきた住民らに

振る舞ったそうです。

このエピソード一つとっても

この派遣が如何に成功した

ものかがわかるし、現地で

立派に活動してくれた自衛隊員

には頭が上がらなくなるの

ですが、そんなこんなで後日、

なんでもこのデモを聞きつけた

米英軍関係者が自衛隊に、

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★