スポンサーリンク



【話題】安倍首相は訪韓で、あえて元慰安婦の方々と面会してはどうか → トランプみたいにいきなり抱きつかせるのか?

■ムチャクチャと言うしかない文大統領の日韓合意「新方針」 

中略

■「日本を孤立させようとする動き」に絶対に乗ってはいけない
中略 

■首相は「保守の矜持」で元慰安婦に直接「過去の不幸な歴史に心が痛む」と伝えるべき

ただし、本稿は、安倍首相が訪韓

することは正しい判断だと思うが、

それだけでは不十分だとも考えて

いる。

首相は、文大統領に日韓合意の

履行を求めるというが、大統領が

それを受け入れられるわけがない。

会談は平行線に終わることは間違い

ない。

結局、首相が

「一応韓国に抗議した」

ということになり、

「慰安婦問題の日韓合意」

の破棄が

「既成事実化」

するだけになる。

首相にとっては、

「引くも地獄、進むも地獄」

という状況かもしれない。

それを打開するためには、

「元慰安婦に直接会うこと」

しかないと思う。 

安倍首相が、韓国で元慰安婦の方々

と直接会う。日本、韓国のみならず、

中国などアジア諸国、米国、

欧州諸国と、世界中のメディアを

会場に入れる。

首相は元慰安婦の方々に、謝罪する

必要はない。

「強制」

があったとかなかったとか、日本政府

の立場の

「細かな説明」

も必要ない。

元慰安婦の方々への発言は、

「天皇陛下のお言葉」

を参考にして、練りに練ったらいい。

「過去、日本と韓国の間に、

 不幸な歴史があったことに、

 心が痛みます」 

このメッセージだけ、シンプルに

元慰安婦の方々に直接話し、

世界中に発信するのだ。

日本は

「河野談話」

を出した。

安倍首相が謝罪のメッセージも

出した。

10億円の基金も拠出した。

元慰安婦の支援事業も行うことを

決めた。

では、なにが足りないかといえば、

感情の部分だ。

それを埋めるために、首相が過去の

歴史に対して

「心を痛めている」

ということを直接示すのだ。 

日本の保守派は怒るかもしれない。

だが、

「不幸な歴史」

だったということくらい、認めても

いいのではないだろうか。

日本は、帝国主義の覇権争いに

巻き込まれた。

朝鮮半島を併合しなければ、

ソ連(ロシア)が占領していた

だろう。

そうなれば、日本の国家として

の存亡も危うかったかもしれない。

一方、韓国からすれば、日本側に

どんな理由があろうとも、侵略

されたのだ。

民族・国家としての誇りを奪われ、

慰安婦や様々な形で日本に徴用された。

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★