「ママ、お友達に虐められてる」一瞬で嫁に対する愛情は無くなった




当時お互い二十代、娘が二歳の時の話。 

俺は給料良かったんで嫁は専業だった。 

ある日比較的近距離の義母から、

「子供の一番可愛い時なんだから、

 もう少し仕事セーブさせてあげられないの?

 子供が可哀想だよ」

と、内々に俺に相談があった。

次ページに続きます。