【想いは意外と簡単に時を越える】『日本人だけは絶対ダメ!』俺の母親はアメリカ人で、日本人である俺の父親と恋に落ちるもバアちゃんが何故か猛反対!その衝撃の理由に…








 

バアちゃんが何かを差し出した

古くて小さい日本のお守りと、

古びた写真

母は初めてみる物だったから

(お守りというものすら知らなかった)

無造作に中を開けた

そこには、古くてシワシワの小さな白い紙

米粒ひとつが入っていた

古くてシワシワ紙を読んでみた

日本語で『ローザ、君を愛している』と

書いてあり、英語で、綺麗な字で

アイラブユーとあった。

パッとバアちゃんを見ると泣いていた。

わけをきくと、バアちゃんは結婚するまえ、

大昔、日本人と恋に落ちた。

写真に移っている、背の低く、丸い典型的

昔の眼鏡をした優しそうな日本人。

それがバアちゃんが恋に落ちた彼だった。

 
次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★