スポンサーリンク



日本の独法が『韓国の起源主張』を科学的に完全否定する成果を達成。正体を殆ど解明できた模様 → 今年ももうそんな季節か

桜の代名詞で、間もなく開花期を

迎える

「ソメイヨシノ」。

江戸時代に誕生したとされ、

一斉に咲き散る姿は壮観だ。

最新の科学でその素性がひもとかれる

一方、病虫害のリスクを低減するため

遺伝的な多様性に目を向ける機運も

出てきた。(原田成樹) 

■謎残るルーツ

日本には多くの種類の桜があるが、

公園や校庭などで圧倒的な数を誇るのが

ソメイヨシノだ。

幕末に染井村(現東京・駒込)の

植木屋が

「吉野桜」

として販売したとされ、花つきがよく、

葉が目立たず、成長も早いため全国に

広まった。 

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★