韓国が起工した新型潜水艦が『恐怖の謎構造を暴露され』日本側が恐怖。失敗確実だと突っ込まれまくりの模様




韓国防衛事業庁は17日、南部の慶尚南道巨済市の大宇造船海洋で次世代潜水艦「張保皐3」(3000トン)の起工式を開催したと明らかにした。

潜水艦の起工式は船体を構成するパーツを骨組みに初めてはめ込むことを記念して行われる。

張保皐3は韓国が初めて独自に設計・建造する潜水艦だ。

同庁は2012年に大宇造船海洋と設計および建造契約を締結した後、14年に建造に着手した。20年から24年までに張保皐3を3隻建造する計画だ。

この潜水艦には弾道ミサイルを発射できる六つの垂直発射管が設置される。

韓国軍は張保皐3に射程500キロ以上の弾道ミサイルを搭載するとみられる。

次ページに続きます。