【緊急速報】中国が原因で2018年3月に世界が予測不能の大惨事になる恐れ ヤバすぎ…








 

【ガチ悲報】来年1~3月に、中国の衛星「天宮1号」が制御不能で東京落下

   →日本壊滅の可能性! 欧州宇宙機関が緊急警告「100キロ級のパーツが次々落下」

2011年に打ち上げられた中国の

宇宙ステーション

(軌道上実験モジュール)

「天宮1号」

は、2016年9月に制御不能状態に陥り、

2018年の1月~3月にかけて地球に

落ちてくるといわれている。

これまで落下地点は明らかにされて

こなかったが、遂に落下の危険がある

範囲が特定された。

なんと、東京にも落下する危険が

あるというのだ!

■日本列島の大部分に落下の危険

英紙「Daily Mail」(9日付)によると、

未だ詳細な落下地点は不明とのことだが、

欧州宇宙開発機関(ESA)の予想では、

北緯43度~南緯43度の範囲に落ちる

ことはほぼ間違いないという。

この範囲には、ニューヨーク、

マドリッド、シドニー、ニューデリー、

そして東京といった大都市が含まれている。

さらに恐ろしいことに、日本に限って

見てみれば、北海道南部から本州、沖縄

まで日本列島の大部分に落下する可能性が

あるのだ。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★