【韓国】韓国兵は3回も私を襲った…ベトナム戦争の残虐を英紙が報道、欧米で怒り・驚き噴出








 

ンガイさんは訴えます。

「韓国政府はベトナムの女性に

 したこと全てについて、謝罪

 すべきだと思います。私たち

 の国は過去の歴史において、

 (ベトナム戦争のような)多く

 の出来事を経験しましたが、

 今もなお苦しんでいるのは

 ライダイハンです」

このインディペンデント紙は

他にも、当時、韓国兵にレイプ

され、妊娠・出産した2人女性の

恐ろし過ぎる体験や、うち1人の

息子(44歳)がライダイハン

としてこれまでに受けた差別に

ついての当人たちの証言を報じて

います。

■「大戦中の日本の行為より、1970年代のベトナムでの残虐を調べる方が簡単なはずだ」

そしてこの記事の読者コメント

欄には

「彼ら(韓国側)は日本に対して

 は、第二次世界大戦中に慰安婦

 だった女性たちに対し、補償や

 謝罪以上のことを求め、強く

 抗議してきたが、私は、韓国が、

 1970年代に起きたこうした

 出来事について調査するのはより

 簡単なはずなのに、こうした彼女

 たちの告発を決して認めないという

 ことが信じられない」

というように、自分たちがベトナム

で犯した残虐行為は徹底無視し、

日本には

「性奴隷にするため女性を拉致した

 という明確な証拠はない」

(別の投稿より引用)

にも関わらず、日本政府に慰安婦

への補償や謝罪を求めたり、

この問題をめぐって反日

キャンペーンを展開したりする

ことへの疑問が示されています。

しかし、韓国政府は、自分たちに

都合の悪いこの問題については

相変わらず徹底無視です。

実際、韓国の

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は

11月12日、アジア太平洋経

協力会議(APEC)出席のため、

初めてベトナムを訪問しましたが、

ベトナム戦争時のこうした

残虐行為については滞在中、

触れませんでした。

とはいえ、タイムズ紙や

ガーディアン紙などと同様、英の

高級紙(今はオンライン新聞)の

一角を占めるインディペンデント紙

がこの問題を報じたことで、欧米

でも韓国政府の不誠実ぶりが

知れ渡り始めています。

実際、本紙既報の通り、ベトナム戦争

に派兵された韓国軍兵士が

ベトナム女性をレイプするなどして

「ライダイハン」

と呼ばれる混血児が生まれた問題で、

「暴行の犠牲者になった人たちを

 救おう」

と、英国の民間団体

「ライダイハンのための正義」

が9月に設立されました。

話は最初に戻りますが、

ドナルド・トランプ米大統領を

招いたさきの晩餐会を反日一色に

演出したのは、こうした動きの

活発化に対する焦りからでは

ないかと思うのです。

(岡田敏一)

引用元:http://www.sankei.com/west/news/171124/wst1711240004-n1.html



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★