スポンサーリンク



『日本は韓国を一方的に殴ることができる』と専門家が”立場逆転”に仰天。韓国の行動次第で関係崩壊が現実化

旧日本軍の慰安婦問題をめぐる

韓日合意を検証する韓国政府の

タスクフォース(TF=作業部会)

の結果発表に関連し、日本の

安倍晋三首相が周囲に

「合意は1ミリも動かない」

と述べたと28日付の日本経済新聞

が報じた。

韓国政府が何を要求したとしても

一歩も譲らないというわけだ。 

安倍首相だけではない。

通常は概ね冷静な日本メディアが、

今回は一斉に激高している。

日本の主要紙はこの日、TFの慰安婦

合意検証発表を1-3面で大きく扱った。

テレビも、どのチャンネルに合わせても

慰安婦合意関連ニュースが繰り返し

報じられていた。

安倍政権寄りのメディアも批判的な

メディアも

「韓国は国家間の約束を軽視する」

と一様に指摘した。

これまで歴史問題で摩擦が激化したとき、

一部では

「韓国を理解しよう」

という声が出ていたが、今回は

「韓国は信じられない」

という声で埋め尽くされた。 

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★