『日本に最終的解決を口にする権利はない』と韓国が”傲慢な表現”を糾弾。まず慰安婦に許しを請え








 

日本軍の慰安婦問題が完全に解決

されなかったとわが韓国政府が

9日宣言した。

2015年末の韓日慰安婦問題合意の

検証結果、被害者おばあさんの

意思をきちんと反映しなかった

ことが明らかになったことに伴う

事後措置だ。

当然の決定である。

合意の当時に使った

「最終的かつ不可逆的な解決」

という表現は実に傲慢だった。

被害者に口を開くなと圧力を

かけたことは暴力的でありさえ

した。

日本という国が戦時に女性の人権を

蹂躪した事実を認める気持ちを

込めた謝罪と被害者に対する賠償、

それらをもっての被害者の許しが

ない限り誰も最終的解決を口にする

権利はない。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★