スポンサーリンク



『日本に最終的解決を口にする権利はない』と韓国が”傲慢な表現”を糾弾。まず慰安婦に許しを請え

カン長官は日本軍の慰安婦問題は

「韓日両者の次元を越えて戦時の

   女性暴行に関する普遍的人権問題」

として

「人類の歴史の教訓であり女性人権

 拡充運動の国際的な道しるべの

 地位を得るべきだ」

と話した。

もっともな話だ。

韓日の関係改善という目先の要求に

釣られて誤った慰安婦合意をきちん

と正さないままいくと、私たちは

被害者のおばあさんに、そして人類

の歴史に罪を犯すことになる。

韓国政府は日本政府が出資した和解・

治癒財団の基金10億円を全額を

自国の予算でまかなうことにした。

日本に解決を求めるとともに我々が

被害者たちの名誉と尊厳の回復の

ために、心の傷を治癒するために

十分な努力をしたか改めて見直す

必要がある。

政府は2015年の合意を両国間の

公式合意として受け入れて日本政府

に再協議を求めないことにした。

再び交渉を始めても皆が満足する

ほどの合意に至る可能性は非常に

低い。

再協議は両国の関係を深く傷つける

ばかりだ。

それよりは道を開いておくほうが

良いのだろう。

一部の被害者おばあさんが返還を

求めているのに、政府は日本の

出資金10億円の処理策を日本政府

と協議することにしたことも、

両国の関係の将来を考えた

避けられない決定と思える。

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★