韓国人「なぜ世界一のハングル語表記がないのだ!!」→警察が出動 店で起こった嘘のような本当の話




皆さんみたいに特定の人からの被害ではないのですが

私は家電量販店でビデオカメラやらデジカメやら売っています。

中国人と韓国人はおみやげに持って帰る人が多く、接客する機会が非常に多いです。

暇つぶしにこれまであったことを思いつく限り書いていきたいと思いますが

よろしいでしょうか?

その1 ポイント詐称グループ
79800円 ポイント15%のデジカメを二台買っていった韓国人。

三人組で、一人は日本語ぺらぺらで難なくお買い物をしていった。

その3日後、返品したいと持ってきた。理由を聞くと日本語の表示しかないから。

いや、それ説明しましたけど…

で、フロア長に相談したら返品してもいいとのことなので、返品作業を。

ポイントカードを出してくださいと言ったら持ってきていないとのこと。

ポイントカードがないと返品は出来ないんですね。

ポイントも返してもらわないと行けないから。

そう説明したら急に日本語が分からないふりを始め、このまま返品させろとごねまくる。

売り場の電子手帳を借り、電子辞書で会話していたのだがらちがあかず、

結局その日は帰ってもらうことになりました。

さらにその2〜3日後今度は通訳を連れて来たんですよ。

なぜ返品させないのか。この人達にうまく伝わっていないようだから

僕が通訳しますから、って。

ポイントカードがないと返品できません。と何度説明しても通訳してもらっても理解しない。

仕方がないので売り場の偉い人(このひと、ガタイがよく見た目も凶悪。でもいい人)を

呼んできて説明してもらったらあっさりポイントカードをだしやがった。

で、返品された箱を見てびっくり。

デジカメ本体は明らかに使った形跡ありまくり。

使うだけ使ってポイントだけもらって返品するつもりだったんだねぇ

と言うことで落ち着きました。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★