空手経験者の暴君Aと温厚なオジサンのBが勝負する事に→A「ショボイおっさんが、俺に口答えするのは生意気だ!」B「ふ~ん」→衝撃の結果




大学(かなりのFラン)の時だから
もう5年くらい前の修羅場

うろ覚えなところもあるので
変なところあったら失礼

当時ランニングというか
ジョギングをしませんか
みたいな趣旨のサークルに所属してた

ガチでスポーツするんじゃなくて
地域のハーフマラソン完走できたら
いいねとか、運動不足はよくないよね
みたいなゆるい感じ

二年目になってそこに新しく入ってきたのが
A(クソDQN)とBさん(すんごい温厚な人)

Aは高校卒業して現役で入ってきた奴で

「お前らは運動神経が悪い」
「ショボイ」
「俺は空手やってた」
「俺はキレたらなにするかわかんねー」

ってバカな自慢大好き。

女を見たら絡みに行くし意味もなく拳上げて
殴るふりとかするような、そういうやつ

Bさんは30前で少し前まで仕事してたけど
腰を痛めて退職して、そこで貯めた貯金を
使って大学に入学してきた人。

仕事何してたかは恥ずかしがって
教えてくれてなかった。
当時ハタチそこそこの自分からしたら
やっぱ社会人というか、一緒に飲みに行っても
何も言わずに大目にお金出してくれたり、
聞き上手ですんごい大人に見えた。
包容力のあるオトンみたいな感じ。

大分腰は良くなってたらしいけど
長時間立ってるのは辛いらしくて、
あんまりサークルには頻繁に来てなかった

そういう理由があってBさんはAが
サークルの女の子に絡んだり、
男連中を小突いたりしてたのを知らなかった…

次ページに続きます。