スポンサーリンク



セウォル号の遺族騒動が『色々な意味で最悪な終焉』を迎えた模様。なにか感動的な雰囲気にしている

「国民の一心でセウォル号が

 引き揚げられました。私たちは

 ここを離れますが、希望の紐を

 緩めません。船体の調査過程で

 骨のかけらでも見つかれば、

 暖かい場所に移してあげたいです」 

16日、木浦(モクポ)新港で未収拾者

の家族らは

「もうセウォル号から離れざるを得ない」

と宣言した。惨事が発生してから

3年7カ月が経った。

家族たちはお辞儀をして別れを

告げた後、セウォル号の冷たい

影のなかで声を上げて泣いた。

見つけられなかった家族への

恋しさと会いたさをあきらめ、

何も持たず帰らねばならない現実

を受け入れるにはつらすぎたのだろう。

同日の記者会見には、木浦新港を

離れる悲痛な心境があふれ出ていた。

会見の途中で檀園高校の

キム・ヨンイン君の母パク・ジョンスン

さんは足の力が抜けて埠頭の地べたに

座り込み、檀園高教師の

ヤン・スンジンさんの妻ユ・ベクヒョン

さんは悲しみを抑えられず顔を覆って

号泣した。

事件以後、珍島(チンド)体育館

(2014年4月16日~11月11日)、

彭木(ペンモク)港

(2014年11月12日~2017年3月31日)、

木浦新港(2017年4月1日~)で1311日

は血のにじむような待機の月日だった。

セウォル号が落とした影は深く暗かった。


「一部の苦々しい視線をわかっていたが、

 家族会いたくてあきらめられなかった。

 骨のひとかけらでも暖かい所に移して

 あげたかった。もうこれ以上捜索は

 無理な要求であり、支持してくれた

 国民をこれ以上悲しませてはならない

 という結論を下した」 

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★