【修羅場 衝撃】仕事からマンションに帰るとよく会う男性がいた。ある日友人がうちに遊びに来る事に。二人で部屋に入ると友人「1週間くらいうちを空ける準備出来る?今すぐ」








 

オカルトではないかもしれません

が実体験話を一つ。

数年前大学卒業して某証券会社に

就職しまして、福岡に赴任していた

時の話です。

ちなみに女です。まだ何とか20代です。

会社の借り上げのマンションが

市の中心部にあって、そこを寮扱いで

借りて、毎日会社までは歩いて

通勤していました。

殆ど新築に近い13か15階建ての10階に

住んでいました。

仕事は毎日忙しく、帰宅は夜の8-9時頃に

なってました。

各フロアに8部屋あって、

私が住んでいたのはその10階の108号。

一番奥の部屋で、エレベーターを

降りたら、薄暗い照明を頼りに暗い渡り

廊下を渡って帰る毎日でした。

福岡の地元の方と言うのは、なかなか

地元意識が強く結束も固く、

言い換えればよそ者には馴染みにくい

土地だったように思います。

だから私も友達は、福岡の方よりも

同じ東京からや、別の地方から来てる

友達が多かったことを覚えてます。

ある日、同郷である東京出身の友達から、

矢張り東京から転勤で来ている友達Aさん

を紹介されました。

彼女は当時32歳だったでしょうか。

某有名化粧品店の新規店舗立上げの

責任者として短期赴任されていた、

儚い感じのロングヘアーで長身の美人

でした。

私は彼女に気に入って貰えたのか、

私たち酒豪の2人でよく飲み歩いて

いました。

そんなAさんとの飲み会で帰りが

遅くなったある日、彼女と別れ

マンションへ。

夜の12時頃エレベーターで10階につくと、

薄暗い通路の先、丁度真ん中の

104号室のドアの前で、

ドアを背にし手すりに肘を付いて

タバコを吸ってる、中年男性が

いらっしゃいました。

ほろ酔いの私は怪しむこともせず、

「こんばんわ~」

と言って会釈しました。

ベランダには洗濯物を干す方も
多いため、通路でタバコを吸う
人は珍しくなく、その方もそんな
一人だと思ったからでしょう。

いきなり酔っ払い娘に挨拶された
男性は面食らったようで、
それでも薄くなってそうな頭を
丁寧に下げ、

「こんばんは」

と挨拶を返されました。
その日からその男性を何度も
見るようになりました。

と言っても、矢張り夜間に通路で
タバコを吸っている男性と挨拶を
するだけの仲でしたが。

次第に打ち解け、

「こんばんわ~」

と挨拶すると

「こんばんは。今日も遅かったね」

などと言い合う、軽い交流が
始まりました。

他所のもであり、多忙で家に居ない
ことも多いせいか、近所付合いも
殆どない私は、挨拶出来るご近所
さんが出来たことを、少なからず
喜んだことを覚えています。

それから暫くして…

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★