土壇場でヘタれた中国が『北朝鮮に屈辱的要求を飲ませられる』喜劇が発生。胡散臭い情報に日本側は猛反発








 

3日付英サンデー・タイムズは、

中国指導部は北朝鮮の核保有を

現実として受け止める方向だと

報じた。 

同紙は北京のシンクタンクである

清華-カーネギーグローバル政策

センターの趙通研究員の見方を

引用し、

「中国と米国は北朝鮮の核開発の

 意図とそれに伴う脅威について

 それぞれ解釈が異なる」

とした上で、

「中国指導部は北朝鮮を軍事的に

 止めることができるタイミング

 は過ぎたとみており、中国は米国

 もそうした現実を受け入れるべき

 だと考えている」

と指摘した。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★