『日本は制裁を止めて半島を援助しろ』と東京新聞が”腐った本音”を自白。このままじゃ平昌五輪が大変だ








 

【社説】
ニッポンの大問題 半島危機打開めざせ 

韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)

冬季五輪を契機に、韓国と北朝鮮の

南北対話が約二年ぶりに開かれます。

朝鮮半島で続く危機打開の一歩に

しなくてはなりません。

五輪会場となる平昌は、北朝鮮に

近い韓国北部江原道(道は県に相当)

にあります。

先月ソウルと会場をつなぐ高速鉄道

が開通し、約一時間半で行けるよう

になりました。

二月九日から二十五日までさまざまな

競技が開かれます。 

ただ昨年来、北朝鮮が核やミサイル

実験を繰り返したこともあって、

五輪への関心はいまひとつ。

「危険なことが起きるのではないか」

と、行くのをためらう人も少なく

ありませんでした。 

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★