スポンサーリンク



『韓国が日本を利用するために日本は反省しろ』と韓国専門家が日韓連携を訴え。日本はプライドを捨てるべきだ

【コラム】今こそ日本をテコに中国リスクを克服しよう

2014年に韓中の自由貿易協定(FTA)

締結交渉関連の取材で会った日本の

専門家は異口同音に

「韓国は中国を甘く見過ぎだ」

と話し、

「韓中日FTAを結ぶべきだ」

と主張した。

日本をてことして使い、中国との

交渉力を高める

「ジャパン・レバレッジ戦略」

を駆使すべきだとの助言だった。

当時記者は韓国が中国市場を先取り

することを懸念する日本の偏狭な

愛国心の発露だと決め付けた。

しかし、日本が予想した通り、韓国

は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)

問題をめぐる中国の報復になすすべも

なくやられ、韓中FTAは使い物に

ならなくなった。 


中国の正体を実感する機会は多かったが、

韓国は見て見ぬふりを決め込んだ。

中国は12年、尖閣諸島(中国名・釣魚島)

紛争と関連し、レアアースの輸出を中断。

不買運動、輸出入時の通関遅延などで

日本に報復を加えた。

日本企業の工場に対する放火や略奪も

起きたが、韓国は対岸の火事だと眺めて

いた。

中国がベトナム、フィリピンへの観光中断

など報復措置を下した際も韓国政府は声明

すら出さなかった。 

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★