【昨日の続編】慰安婦像を外人に嘲笑された韓国人が『言っては駄目な本音』をぶち撒け。あれは日本を倒す神聖な像だ




2017年8月17日、韓国野党の地方組織委員が、

韓国各地に設置が相次ぐ慰安婦像について

暴言を発したとして批判を浴びている。

韓国・ソウル経済新聞などが伝えた。 

野党・正しい政党の忠清南道

(チュンチョンナムド)地方組織の

結党準備委員を務めるイ・ギウォン氏は

16日、自身のSNSで、同道内に慰安婦を

象徴する「平和の少女像」新設が

進められているとの記事をリンクした上で、

像の設置について

「母親や祖母が強姦(ごうかん)された事実を

 娘や孫が壁新聞にして町に張り出し、

 歴史を記憶しようと言っているようなものだ」

として強く批判した。 

次ページに続きます。