【葬式】住職が「葬儀をやり直せ」と激怒 「直葬」で増える問題とは…








 

火葬だけ済ませ、遺骨を持って、

お寺に行くと、

「なぜオレを呼ばなかったのか。

 葬儀をやり直せ」

となった。

「じゃあ、出ます」

と言うと、

「離檀料を200万円払え」

となってしまった。

最終的に請求は取り下げられたが、

「火葬式の前にお寺に行き、こういう

 事情で費用が捻出できないので、

 と一言住職に声をかけていれば

 良かったと思います。それだけで、

 お寺の対応は違っていたでしょう」

と佐々木さんは話す。

もめてしまったら、

「仏教情報センターに相談するのも

 一つの方法」と教えてくれた。

寺はべらぼうに高い金額を請求する、

と安易に考えないほうがいい。

朝に晩にお経をあげ、檀家のために

やってきたことが突然裏切られたときの

やるせなさ。

だから、「離檀料」という形でしか

抵抗できないのかもしれない。

「お寺の立場からすると、今まで

 世話をしてきたという感覚がある。

 亡くなったときの魂を赤ん坊とすると、

 お寺は、赤ちゃんのときからずっと

 『育ててきた』という思いがあるのでは

 ないでしょうか」(佐々木さん)

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★