スポンサーリンク



『韓国への譲歩は日米韓連携のため必要だった』と外務省幹部が断言。だが今は譲歩する必要はない

国際合意をまたもや反故に

しようとする韓国

韓国が再びゴール・ポストを

動かそうとしている。 

慰安婦問題を巡る日韓合意に対する

韓国政府の検証結果の公表は

もちろん一方的で論外である。

これに続く、文在寅大統領の

「交渉には重大な欠陥があった

 ことが確認された。」

「この合意で問題は解決できない。」

という声明は、国内事情を理由に国際

合意をまたもや反故にしようとする

“卑しい精神”

の発露以外の何物でも無い。 

韓国に対してどう対応をするべきなのか…

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★