9死体遺棄事件で『白石容疑者を殺人罪で問えない』最悪の事態が進行中。最悪の場合は10年未満の懲役








 

捜査関係者によると、白石容疑者が

「被害者から殺人の同意は得ていない。

 自殺志願は関係ない」

と供述していることが分かった。

自殺ほう助や嘱託殺人の可能性も

浮上していたが、弁護士の嵩原(たけはら)

安三郎氏は

「この供述が事実であれば、

 殺人罪に問われる可能性は高い」

と話した。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★