韓国人を採用したルーヴル美術館・・・調子に乗った韓国人が「世界の博物館の復元に使われる和紙をすべて韓紙に変えたい」と抱負語る








 

23日(現地時間)、フランス・パリに

あるルーヴル美術館のリシュリュー館で

会ったキム・ミンジュン文化財復元士は、

ルーヴル研究所長とその翌日に行われる

カンファレンスを最終点検している

ところだった。

3年前、初めてルーヴル美術館で文化財

復元用紙として韓紙を紹介したときの

冷たかった反応を思い出していたキム氏

は、

「オルセーとポンピドゥー美術館の

 文化財復元の関係者たちも出席する

 予定だ」

とし、

「韓紙を全世界の博物館に知らせる

 絶好のチャンスだ」

と期待に膨らんでいた。

彼は、世界3大美術館に数えられる

ルーヴル美術館で復元士として働き

ながら、韓紙の優秀性を紹介する

カンファレンスの準備を担当した

30歳のしっかりした韓国青年だ。

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★