スポンサーリンク



朝鮮学校を擁護した前川喜平が『菅長官に一刀両断される』凄まじい情勢に。過去の仕事を忘れていた模様

菅義偉官房長官は8日の

記者会見で、九州朝鮮中高級

学校の卒業生らが朝鮮学校の

授業料無償化適用を求めている

訴訟で文部科学省前事務次官の

前川喜平氏が原告側に沿うと

みられる陳述書を福岡地裁

小倉支部に提出したことに関し、

文科省による無償化適用除外は

「(前川氏が)官房長として

 自ら決裁した」

と指摘した。


また、複数の場所で朝鮮学校の

無償化適用を求める訴訟が起きた

後も

「前川氏は担当局長や審議官、

 事務次官を務めたが、処分を

 覆すための具体的な行動は

 していないと聞いている」

と述べ、前川氏の言動の不一致を

批判した。 

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★