年間11万人が“火病(ファビョン)”に苦しむ現代韓国。なぜ火病は韓国特有の病気なのか




「ファビョる」というネットスラングを

ご存じだろうか?

ネット上の議論の場で反論ができなくなったときに、

顔を真っ赤にして逆ギレするようなさまを表す

言葉なのだが、その語源となっているのは

火病=ファビョン(鬱火病)だ。

火病とは、積もりに積もった怒りやストレスが原因で

体や心にもたらされる苦痛のことで、呼吸困難、

食欲不振、うつ症状、不眠、全身の疼痛などが起こる

“韓国人特有の病気”とされている。

なぜ火病は“韓国特有の病気”?

最近、韓国で火病の診療を受けた患者数が、

年間11万5000人にも上ることがわかった。

韓国健康保険審査評価院の調査結果で、

そのうち女性患者数が7万人と男性を大きく上回り、

特に40~50代の中年層が多かったという。

大韓航空の“ナッツ姫”ことチョ・ヒョンア前副社長も

40代女性だ。

ほかにも

「韓国サラリーマンの90%が火病を病んでいる」

との報道もあり、看過できない社会問題となっている。

次ページに続きます。