日統前の朝鮮時代の貢女の実態を見た韓国人が凍りつく、日本がいなければ本当に我々はどうなっていたんだ!!








 

高麗・朝鮮王朝時代の「貢女」の実態とは

高麗時代から朝鮮王朝時代まで続いた「恥辱」

娘が候補になると、顔に薬を塗って傷を付けることも

「娘が生まれたら秘密にしたまま暮らす。

他人に知られるのが心配で、隣人にも

娘を見せられない。娘を隠していた事実が

発覚すれば、村全体が害を被ることになり、

親族を縛って取り調べ、屈辱を与える。

処女を選ぶ過程でわいろが取り交わされるが、

 金がある者は切り抜け、金がない者は

 連れて行かれる」

高麗時代、李穀(イ・ゴク)=1298-1351=が

はるか遠くの元の皇帝に差し出した上訴は、

切々としている。

李穀が訴えたのは、ことあるごとに中国に献上

しなければならなかった「人間の献上品」こと

貢女のことだ。

恥辱の歴史は、5世紀初めまでさかのぼる。

高句麗・新羅から中国の北魏に、女子を送った

という記録がある。貢女の献上が最も盛んに

行われたのは、高麗後期から朝鮮王朝時代に

かけてだった。

ソウル大学奎章閣のイ・インスク人文韓国(HK)

事業研究教授は、今月末に出版される

『朝鮮人の海外旅行』(文字の甕社)で、

『高麗史』と『朝鮮王朝実録』を中心に貢女の

残酷な実態をまとめた。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★

コメント

  1. より:

    陸続きって怖いわ