韓国と殴り合った歴史学者が『遂に諦観の領域に至る』凄絶な展開に。




米国の警告、国際的な批判にも
動じることなくミサイルを
撃ち続ける北朝鮮。

半島情勢が緊迫するなか、
ソウルの市バスの中にまで
慰安婦像を設置して
反日に奔(はし)る韓国。

彼らの行動はわれわれ
日本人の理解を超えています。

次ページに続きます。