日系ゼネコンが『海外で”日本企業神話”を復活させる』凄まじい事態が発生。かつての栄光が返り咲く




ベトナム政府は交通量の増加や

運転マナーの悪さ、環境対策の

ために都市鉄道計画を打ち出している。

ホーチミンは

「ホーチミン市地下鉄」

として6線の計画があり、すでに2020年の

開通を目標に1号線の工事が進んでいる。

14駅分、20km弱を29分で結ぶ路線で、

ホーチミンの中心地における渋滞緩和が

期待されている。


1区にあるベンタイン市場周辺は、

2016年7月にオープンした日本のデパート

「高島屋」

も徒歩圏内で、日本人居住区も近いエリアだ。

かつては、だだっ広いロータリーだった

ここも、今は工事現場を表す青い壁が

張り巡らされている。

よく見れば、現場には日本の国旗が

はためいている。

次ページに続きます。



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★