スポンサーリンク



東京MX問題でBPOが『最悪すぎる自爆ブーメラン』を投げた模様。露骨なダブスタに視聴者から批判殺到 朝日にもちゃんと言えよw

沖縄の米軍基地反対運動を扱った

東京MXテレビ(MX)の番組

「ニュース女子」

に批判が出ている問題で、

放送倫理・番組向上機構(BPO)

の放送倫理検証委員会は14日、

「重大な放送倫理違反があった」

とする意見書を公表した。

放送前に事実の裏付けや表現などを

自己検証する

「考査」

が機能していなかったことなどを

深刻視し、

「民主主義社会で放送の占める位置

   を脅かすことにつながる」

と痛烈に批判した。

対象となったのは、今年1月2日放送

の番組で、沖縄県の米軍ヘリパッド

建設をめぐり先鋭化する反対運動を

特集。

VTRで運動を

「日当をもらってる!?」

などのテロップ表現を使い紹介した

ほか、反対派による救急車の運行妨害

などを事実として伝えた。

当事者らへの取材がなされていない

ことに市民団体などから批判や抗議

の声が上がった。 

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★