スポンサーリンク



死亡したSF市長が『米国人から死後も猛批判を喰らう』凄惨な情勢に。移民関連で好き放題していた模様

米国で先月、中国や韓国系の

民間団体が設置した慰安婦像の

寄贈の受け入れを承認した

サンフランシスコ市の

エドウィン・リー市長(65)が

12日、急死した。

同氏は慰安婦像が公共物となったこと

に反発した大阪市が姉妹都市の解消を

決めるなど、日本では

“反日市長”

として話題を集めたが、米国内では

別の問題で猛批判を浴びていた。 

リー氏は11日、同市内で買い物中に

倒れ、翌日亡くなった。

心臓発作とみられる。

中国系移民の両親の間にワシントン州

シアトルで生まれ、人権派弁護士として

活動した後、2011年に同市初の

アジア系市長として初当選。

15年に再選され、2期目だった。 

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★