韓国K2戦車計画が『世にも悲惨な有り様を晒して』完全破綻した模様。軍と企業が死に物狂いで争う 今世紀中に開発できるんかね?








 

立ち止まったK2戦車… 「パワーパック論議」に2次量産事業また保留

「国内メーカー逆差別」vs「過度の愛国マーケティング」

防衛事業庁、国産エンジン+外国産変速機の結合に苦心 

朝鮮半島の未来、地上戦場を担当する

国産K2戦車の2次量産事業が、

再び先送りされた。


ソン・ヨンム国防長官の主宰で17日に

開かれた、第106回防衛事業推進委員会

では、K2戦車の2次量産事業についての

議論が行われたが、結論を下せなかった。 

これにより、すでに6回も延期された

K2戦車の2次量産事業は、再び後日を

約束せざるを得なくなった。 

今回の委員会でも争点は、K2戦車に装着

される国産パワーパック

(エンジン+トランスミッション)の

性能問題だった…

次ページへ続きます



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★