スポンサーリンク



左翼に傾倒する弁護士会に『若手が反旗を翻す』前代未聞の展開が発生。執行部は激怒している模様 → 今の労組も同じだなww

《弁護士会から受ける利益よりも参加することの負担が大きい人には、弁護士会に参加しない権利も認められるべきです》

平成27年1月、こんな内容が

記された選挙公報が法曹関係者

の話題をさらった。

訴えの主は東京弁護士会の

27年度選挙に副会長候補として

立候補した赤瀬康明(39)。

キャリアを示す司法修習期は

64期で、16年から開学した

法科大学院を修了した、いわゆる

「ロースクール世代」

だ。 

この選挙には定員6人に対し7人が

立候補。

無風だったはずの新執行部選出が

選挙戦にもつれこんだ。

当時いずれも50歳代だった他候補

の中で赤瀬が注目を集めた理由は、

30歳代という若さだけではない。

その訴えの中身にあった…

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★