スポンサーリンク



【閲注】古寺を解体中、2m位の木箱が出てきた。俺「何か文字が書いてるな」元住職「絶対開けるな!」→だが、中国人バイトが・・・

あ、言い忘れたけど、

そのミイラは

「頭が両側に2つくっついてて、

 腕が左右2本ずつ、

 足は通常通り2本」

という異様な形態だったのね。

俺もネットや2ちゃんとかで

色んな奇形の写真見たこと

あったんで、そりゃビックリした

けど、

「あぁ、奇形か作りもんだろうな」

と思ったわけね。

んで、例の中国人2人は一応

病院に車で送る事になって、

警察への連絡はどうしようか、

って話をしてた時に、

元住職(80歳超えてる)が

息子さんが運転する車で来た。

開口一番、

住職

「空けたんか!!

 空けたんかこの馬鹿たれが!!

 しまい、空けたらしまいじゃ・・・」

俺らはあまりの剣幕にポカーンと

してたんだけど、

住職が今度は息子に怒鳴り始めた。

岩手訛りがキツかったんで

標準語で書くけど、

住職

「お前、リョウメンスクナ様を

 あの時、京都の~寺

 (聞き取れなかった)に絶対送る

 言うたじゃろが!!

 送らんかったんか

 このボンクラが!!

 馬鹿たれが!!」

ホント80過ぎの爺さんとは

思えないくらいの怒声だった。

住職

「空けたんは誰?

 病院?

 その人らはもうダメ思うけど、

 一応アンタらは祓ってあげるから」

俺らも正直怖かったんで、

されるがままに何やら

お経みたいの聴かされて、

経典みたいなのでかなり強く

背中とか肩とか叩かれた。

次ページへ続きます

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★