スポンサーリンク



文在寅の公式宣言を『安倍首相らが公然と無視する』末期的な事態に突入。身勝手な態度に米軍が怒り狂う

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の

「中立発言」が波紋を呼ぶ。

その無神経さには米国も怒った。

韓国には拒否権がある

鈴置:8月26、29日、北朝鮮が相次いで

   弾道ミサイルを発射しました。

   そんな中、文在寅大統領の不用意な

   発言が注目を集めています。

   「なぜ、墓穴を自ら掘るのか」と、

   韓国ウォッチャーは首を傾げています。

「中立宣言」のことですね。

鈴置:その通りです。日本からの独立を祝う

   光復節の祝辞で、以下のように語りました。

   青瓦台(韓国大統領府)の

   「第72周年光復節祝辞」(8月15日)から

   引用します。

・朝鮮半島で再び戦争を繰り返してはなりません。

 朝鮮半島での軍事活動は大韓民国だけが決める

 ことができ、誰も大韓民国の同意なくして

 軍事活動はできません。

・政府は何があっても戦争だけは止めることでしょう。

 北朝鮮の核武装を阻止するため米国がいつ

 先制攻撃するか、と緊張感が高まっています。

   そんな時に文在寅大統領が事実上

 「米国の北朝鮮攻撃に関しては韓国に拒否権がある」

 と主張したのです。

 そのうえで

 「米国の攻撃は体を張っても止める」とも

 語りました。

 それは「有事の際の中立宣言」でもあります。

米国務省の定例ブリーフで、この発言に質問が

集中しました。

報道官は「拒否権」に関し答えを避けましたが、

北朝鮮の人権状況を非難したため

「異様な国の側に立つ韓国」とのイメージが

世界に向け発信されました。

次ページに続きます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったらいいねしよう!
この記事をお届けした
これ見て!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★記事が気に入ったらシェアお願いします★

★フォローはこちら★